画像生成AIで「女の子の立ち絵素材」を簡単に作る方法!RPGやノベルゲームの開発に活用しよう

画像生成AIで立ち絵素材を作る方法 Stable Diffusion

今回も画像生成AIに関する話題で、タイトルの通り

画像生成AIを使って「かわいい女の子の立ち絵素材」を簡単に作る方法

をご紹介するという内容になっています。

まず前回の記事ではStable Diffusionを使って高品質な美少女イラストを作る方法をご紹介したのですが、その記事を書く中でゲーム開発者の私としては

これだけクオリティの高いイラスを生成できるなら、せっかくだからゲームに使える立ち絵素材をAIで作りたいなぁ

と思いました。そしてしばらく研究した結果、普通にイラストを生成するのに比べれば少し手間はかかるもののAIを活用して比較的簡単に立ち絵素材を作る方法を発見しました。

そこでここでは

  1. 無料の画像生成AI「Stable Diffusion」でかわいい女の子の立ち絵イラストを生成し…
  2. 無料の画像拡大AI「Real-ESRGAN」でそのイラストをきれいに拡大して
  3. Photoshopで背景を透過して素材化する

といった手順で立ち絵素材を作る方法を丁寧にご紹介しますね。

今回作る立ち絵素材のサンプル

まずはじめに、今回私がサンプルとして作った立ち絵素材を掲載しておきます(※下記は縮小してありますが元画像の大きさは2048px四方です)。

画像生成AIで作った立ち絵素材のサンプル

結構きれいにできていると思いませんか?こういった立ち絵を自分で描くのはなかなか大変ですが、AIを活用することで比較的簡単に立ち絵素材を作ることができます。

画像生成AIを駆使して女の子の立ち絵素材を作る方法まとめ

ではここから先ほどのような女の子の立ち絵素材を作る方法についてご説明します。主な手順は次の3ステップです。

  1. Stable Diffusionで女の子のイラストを生成する
  2. 生成したイラストをReal-ESRGANできれいに拡大する
  3. イラストの背景をPhotoshopで透過して素材化する

それぞれ詳しく見ていきましょう。

手順1:Stable Diffusionで女の子のイラストを生成する

まずは無料の画像生成AIであるStable Diffusionを使って女の子のイラストを生成します。ゲームと相性が良いアニメ調のイラストをStable Diffusionで生成する方法に関しては下記の記事で詳しくご紹介していますので、ここではその内容を前提とさせていただきます。

画像生成AIで「アニメ風の美少女イラスト」を作る方法!かわいい女の子を無限に生み出そう
今回は画像生成AIに関する話題で、タイトルの通り 無料の画像生成AI「Stable Diffusion」でアニメ風の女の子のイラストを生成してみよう という内容になっております。 昨今の画像生成AIの進歩は凄まじく、SNSや画像投...

上記の記事ではとりあえずかわいい美少女イラストを生成することを目指した内容になっているのですが、立ち絵素材を作るためには

  • 少なくとも女の子の膝から上が映っている画像であること
  • 立ち姿のイラストであること
  • 切り抜きしやすいように背景が単色であり、影がないこと

といった要件を満たすようにプロンプト(=呪文)を調整する必要があります。そこでプロンプトおよびネガティブプロンプトには次のような単語を盛り込みましょう。

【プロンプト】
a very cute and beautiful anime girl, simple flat background, full body, standing, highly detailed face and eyes
【ネガティブプロンプト】
flat color, flat shading, shadow, nsfw, retro style, bad fingers

プロンプトのポイントについては、まず「simple flat background」によって背景を単色化することが重要になります。そして立ち絵にするために「full body」および「standing」の文言も必須です。

さらに、立ち絵イラストを生成してみると分かるのですが全身を指定すると顔のディティールが弱まってしまうので「highly detailed face and eyes」でそれを補います(※ただし効果は限定的です。書かないよりはマシ程度でしょう)。

これでイラストを生成すると10枚に1枚くらいの割合で当たり画像が生成されると思います。

Stable Diffusionで生成した女の子の立ち絵の元画像

手順2:生成したイラストをReal-ESRGANできれいに拡大する

次に、画像生成AIで作ったイラストはゲームに使うには少し小さいと思うので、一般的なゲームで問題なく使用できるサイズ(2048×2048px程度)に拡大します。ただし普通に画像編集ソフト等で拡大するとあまりきれいに拡大できないので、またしてもそれ専用のAIを活用します。

下記ページでReal-ESRGANという画像拡大AIの日本語GUI版を無料でダウンロードできるのでそれをインストールしてください。

GitHub - tsukumijima/Real-ESRGAN-GUI: Lovely Real-ESRGAN / Real-CUGAN GUI Wrapper
Lovely Real-ESRGAN / Real-CUGAN GUI Wrapper. Contribute to tsukumijima/Real-ESRGAN-GUI development by creating an account on GitHub.

そうしたら下の画像のように設定を行い「拡大開始」ボタンを押しましょう。

Real-ESRGAN-GUIの画面

数秒でイラストがきれいに拡大されます。

手順3:イラストの背景をPhotoshopで透過して素材化する

最後にPhotoshopを使って、先ほど拡大したイラストの背景を透過して素材化します。

先ほどのイラストをPhotoshopで開いたらクイック選択ツールを使った切り抜きを行います。クイック選択ツールはツールパネルの次の画像の場所にあります(ない場合は自動選択ツールのところを長押ししてみてください)。

クイック選択ツール

クイック選択ツールを選んだら、「被写体を選択」ボタンを押してみましょう。

「被写体を選択」ボタン

すると自動でかなり正確に女の子の輪郭を選択してくれます。

クイック選択ツールで女の子を選択した様子

次に、おそらく今の状態だと「背景」レイヤーで作業していると思うので、選択状態のまま「Ctrl+J」でレイヤーを複製しましょう。すると選択部分(つまり背景を抜いた画像)のみを複製したレイヤーが作られます。

あとは背景レイヤーを非表示にすれば立ち絵素材の完成です!忘れずにPNG形式で保存しましょう。

おわりに

以上、画像生成AIなどのツールを駆使してゲーム用の立ち絵素材を手軽に作る方法をご紹介しました。

昨今何かと物議を醸しがちな画像生成AIではありますが、うまく使えばイラストスキルがなくても簡単にクオリティの高い素材を作ることができるためゲーム開発等に役立てることができます。ぜひ上記の内容を参考にしていただき、素敵な立ち絵素材を作って頂ければと思います。

この記事が何かしら参考になれば幸いです。